トップページ > ディズニーの英語教材

ディズニー英語システムのご紹介

30年間で60万人もの英語でコミュニケーションできるお子さんを生み出した
「ディズニーの英語システム」の秘密とは?


国際社会での英語の重要性がますます高まる中、お子さんにどのようにして効率的、かつ優れた 英語教育を受けさせてあげることができるのでしょうか。幼児教育の志が高い親御さんにとっては 頭をなやませる難しい問題でしょう。

さらに、ただ「英語で話せる」「英語を理解できる」だけではなく、 自分の考えを自分の言葉で、しっかり考え表現できる 真の意味での「コミュニケーション能力」 を身につけるためには一体どうしたらいいのでしょうか?

その前にまず、こちらのデータをご覧ください
2005年11月16日の朝日新聞に、「英語できる女性、年収4割高い 1万4千人調査」という記事が掲載されました。記事によると、「仕事で英語を使う人は使わない人より男性で約18%、女性で約40%年収が高い」という結果がでています。

データを分析した結果によると、職場で英語を使う人と使わない人とでは、年収に大きな開きがありました。男性では、職場で英語を使う人の収入が約642万円であったのに対して、使わない人は約521万円でした。女性では、英語を使う人が約292万円、使わない人は約227万円でした。
http://kw.allabout.co.jp/study/toeic/closeup/CU20060508A/index.htm
どうでしょうか?このデータから読み取れる、年収に大きく差をつけるものの正体は? 格差社会といわれる現代、お子様の将来を大きく左右してしまうもの、それは時代が求める知識やスキルを身につけ、使いこなす能力に他なりません。「使える英語」は、間違いなくその能力ひとつなのです。

日本人が英語をそれほどまでに苦手とする理由とは?

日本人が英語を苦手とする理由のひとつは、日本語と英語の音域の違いのためだと言われています。母音は低い音域にあり、子音は高い音域にあるため、子音の多い英語の音域は、母音の多い日本語に慣れた耳には聞き取りにくい領域になってしまうのです。
そのため、3歳から4歳までに“英語の耳”を作ることが、英語習得の基礎になるのです。

日本人が英語下手を克服するのに有効な勉強方法とは?

「ディズニーの英語システム」を開発したのは、アメリカの著名な言語学者、アン・ダウ氏です。
彼女は英語を母国語としない子供たちが英語を第二言語として習得するにはどうしたらよいかを研究し続け、『母国語方式』によるメソッドを打ち立てました。

「ディズニーの英語システム」は、子供たちが言葉を覚えていく過程に合わせて開発された、
日本人のための画期的な英語習得プログラムなのです。

また、音楽を通じて心豊かな人間を育てることを目的とする教育法の一つ『スズキ・メソード』から言葉と音の関係についても、そのエッセンスを取り入れています。

なぜディズニーの英語システムでは自然に英語が身につけられるのか?

それはこのプログラムが、どんな小さな赤ちゃんにでも有効な英語環境を整えられることと、成長に応じて最適な使い方ができるように開発されているからです。

まず、「プレイ・アロング」のCDとDVDで遊びながら英語の音と言葉の意味づけの基礎を作り、「シング・アロング」で歌を繰り返し聞いて、歌うことで、語彙やフレーズをそのまま覚えることから始めます。

そして「ストレート・プレイDVD」の映像や「シング・アロング」の歌、「DWE絵本」のストーリーや「トークアロング・カード」で能動的に遊ぶことなどを通じて、英語をさまざまに関連づけながら理解していきます。やがて言葉の法則を見つけ出して、英語をコミュニケーションのツールとして使えるまでになるのです。

「ディズニーの英語システム」は、そんな確固たるメソッドに基づいて作られています。

なぜディズニーの英語システムではお子様を勉強漬けにせず、時間もお金も有効活用できるのか?

『英語の耳』を作るためには、2000時間が必要だと言われています。
一回45分間の英語教室に毎週通ったとすると、
英語の耳ができるまで55年もかかる計算になりますが
自宅でいつでも英語に触れることが出来る「ディズニーの英語システム」なら、
1日2時間、英語の歌のCDをBGMとして聴くだけでも、3年あまりで簡単に2000時間を達成できるのです。

ご兄弟がいるご家庭の場合、英会話教室ではコストの負担が大きくなります。
3人のお子さんがいれば、3倍のレッスン料がかかるわけです。
でも、DWEなら、ひとつの英語教材を兄妹みんなで使うことができます。
しかもお子さんそれぞれの英語力の発達に伴ったふさわしい使い方ができるので、
効率よく、長く使い続けることができるのです。
もし小さなお子さまが英語教材をやぶいたり壊したりしてしまっても、ワールド・ファミリー・クラブに入会していれば、いつでも何度でも無料で保証交換されるので安心です。
  • ■ 英語教育の重要性を認識しているが教育方法で悩んでいる
  • ■ 子供を勉強漬けにしたくない
  • ■ 勉強のほかにもスポーツや習い事など充実させたい
  • ■ 自宅学習で子供と一緒に勉強したい
  • ■ 教育費のコストがかるのが心配
  • ■ 知識だけではなく考える力をつけさせたい
  • ■ 「見る・聴く・遊ぶ」で家族一緒に遊びながら楽しく学びたい
ディズニーの英語システム無料サンプルはこちら




シリーズ別
シーン別
スポンサードリンク



ランキング参加中!

ホームページランキング
アクセスアップは相互リンクで
HPランカーホームページ人気番付ランキング